人気のVIOは脱毛ラボで!

脱毛ラボの全身脱毛には、VIO脱毛が含まれています!
この季節、脱毛を思い立つ人の多くがやはり水着を着た時のムダ毛処理。
夏に間に合うようにVIOのお手入れをしたいけど、VIOだけのプランじゃなくて思い切って全身すべすべになるのもいいですよ!
脱毛ラボならVIOだけ改めて申し込みをする必要もないので金額が一定ですんで安心。
好きな水着を可愛く着こなしたい、他の部位もずっとすべすべになりたい人は脱毛ラボの全身脱毛がお得です!

 

VIO脱毛ができるプランは?

脱毛ラボでVIO脱毛ができるプランについてご紹介しましょう。

  • 全身脱毛(顔脱毛含む) 月額制
  • 全身脱毛(顔脱毛含む) 回数制パックプラン
  • 単発脱毛

脱毛ラボには、VIO脱毛のみのコースやプランはありません。
VIOの一つずつの部位を1回ずつ単発で脱毛するか、全身脱毛するかの2種類になります。

 

それぞれの価格は・・・

 

全身脱毛 月額制 月額1,500円
全身脱毛 回数制 109,760円(6回)
単発脱毛 1,980円/1部位1回

 

VIOの場合、他のサロンではVIOのみのコースなどもありますので、全身脱毛は不要、VIOのみで良いという方は他のサロンと価格を比較して見てもいいと思います。
ただ、Vラインのみ、Iラインのみ、などの単発で脱毛できるサロンは非常に少ないので、VIOの中でも全部じゃなくていい!という方は脱毛ラボがオススメです。

 

 

VIOを単発脱毛する場合の価格は?

脱毛ラボの単発脱毛は、1部位1回の価格設定になっています。

Sパーツ 1,980円
Mパーツ 3,980円
Lパーツ 5,980円

 

VIOのそれぞれのパーツ分けは・・・

Vライン上・・・Sパーツ
Vライン・Iライン・Oライン・・・Mパーツ

となっています。
Sパーツ×1、Mパーツ×3なので、1,980円×1+3,980円×3=13,920円となります。
VIO脱毛は、自己処理が不要になるまで平均12回程度とのことなので、13,920円×12回=167,040円となります。
これは結構安い金額ではないので、他のサロンと比較するか、もしくは全身脱毛に切り替えてもいいかもしれません。

 

試しに脱毛ラボの全身脱毛の回数制パックと比較した場合、
全身脱毛 109,760円(6回)なので、単純計算で12回だと219,520円となります。
差額5万円でVIO以外の全身が脱毛できるので、全身脱毛の方がかなりおトクです。

 

また、脱毛ラボの選べる部分脱毛12ヶ所なら、好きな部位12ヶ所選んで56,760円(6回)。
12回だと113,520円なのでさらにおトクに脱毛できます。

 

全身はしたくない、もしくは他の部位は全て終わっている、などの理由でVIOのみでいいという方のために、ミュゼのVIO(ハイジニーナ7)と比較してみました。

ミュゼ 7部位 72,000円/12回
脱毛ラボ 4部位 167,040円/12回

ミュゼが半額キャンペーン中ということもあり、部位数も多く料金も半額近い金額で脱毛できます。
ただし、ミュゼの場合はハイジニーナ7に含まれる7ヵ所は全てセットとなっているので、Vラインのみ、V・Iラインのみ、などの選択はできませんので気をつけてください。

 

 

VIOの脱毛って痛みはないの?

VIOの脱毛で一番気になるのは痛み。
やはり部位が部位だけに痛そうなイメージしかありません。
施術の時も、「少し痛みがあるかもしれない部位になりますね」と声をかけられた時はドキドキしました。
が、実際は本当にささやかなチクリとした痛みのみ!
他の部位が全く痛くないので、痛みがあると言われたら確かにありますが、我慢できないとか、耐えるのが大変とかそういうレベルの痛みじゃないです。
何なら寝てたら気づかないんじゃないの?って言うくらいの一瞬の痛みなので、心配いらないですよ!

 

脱毛する時の体制が気になる

私もVIOを初めて脱毛する前日は本当に憂鬱でした。
特にIラインとOラインは一体どんな感じで照射されるんだろう?と思うとすごく怖いですよね。
でも実際にやってみるとなんてことはないんです!
最初はちょっと恥ずかしいですが、あまりにスタッフの方がスムーズにさらりと何事もなく勧めていくのでなんだか恥ずかしいとかそういう気持ちも薄れてしまいます。
また、照射するときはその部分のみ、Iラインなら片方ずつそこだけ見えるようにしていて、他の部分はすべてタオルで隠してくれるのでそれも安心できるポイントの一つだと思います。

 

Vラインの形は?

Vラインは人気の形があるようで、どんなふうにしていいかわからない、というと人気の形を教えてくれます。
例えば自然な形にしたいのであればたまご型に、すべてなくしたいのであれば自己処理で全部剃ってくる必要があります。
自己処理してある部分に対して光を当ててくれるので、IラインやVラインはしっかり整えたい形に剃ってこないと照射してもらえませんので気をつけましょう。
ちなみにVラインは4センチくらいにすると水着やショーツからはみ出る心配がゼロになるそうです。
また、Iラインはすべて無くす方が水着からはみ出す心配がないみたいで、IラインとOラインはすべてナシにする人が多いとのこと。
また、Vラインの毛を少なくしたい場合は最初の数回はすべて剃ってくる必要があるそうです。
私はVラインの毛を少なくしたかったんですが、全部処理する勇気がなかったので形を整えるところで断念しました。

 

Oラインはお金を払ってもお店で!

IラインやVラインはまだしも、Oラインの自己処理は相当難易度が高いです。
脱毛ラボではシェービングは料金が発生するのですが、正直私はお金を払って最初からプロに任せた方がいいと思います。
Oラインを自己処理してうっかり傷でもつけてしまうと当日の照射ができなくなってしまいますし、何より痛みが強いとその後も照射できなくなる可能性もあります。
デリケートな部分なので、恥ずかしがらずにプロにお金を払って最初からお任せした方が安心して脱毛できると思いますので、シェービング代金については臨機応変に、絶対に自己処理できないような部位(背中など)は無理せずお願いするようにしましょう。